中古鋼材買取フローチャート     

          〜中古鋼材を仕入れて新しいビジネスモデルを作ろう!〜



ビジネス価値の位置付け 鉄鋼製品の再利用推進⇒ 環境保全推進⇒ ISO理念に通じる。
従来の販売先(レンタル業者、地場GC等)から仕入しギブテ構築可能。
何をPRするか アイテムは敷板、H鋼、鋼矢板。 他の鋼材も検討可
供与できるメリット : 売り先が阪和で与信の心配なし
              現金決済も可能
              未整備品の買付も可能 
どうやってPRするか 説明会が有効
仕入先見つけるだけで商売になることを強調 (売り先は阪和で担保されている)
持ち主(レンタル業者、地場GC等)にとってキャッシュフロー改善になる  



商売の流れ  
営業PR 上記内容にてPRし、仕入先見つける仕組作り
 
現物内容確認 写真があればベター。実地検品が原則だが、最終判断はあくまでエコスチールでの検収
(個別検品は客先オキバでは難しいから)
 
商談(値決め) 上記メリット生かし、双方に納得いく価格設定
 
引き取り 敷板はエコスチール千葉、仙台、福岡。 敷板以外の中古鋼材は現状は千葉のみで対応。
注意事項 写真と現物の違いによるトラブル
実地検品したのに、山の中味まで吟味できず、トラブルとなったことがあった。(上記記述)



詳細は、弊社関連会社「阪和エコスチール株式会社」のサイトにてご確認下さい。