(北海道・営業課) 平成27年1月16日(金)

<概要>
11月半ばより不需要期に突入した北海道は、年明け後も荷動きは低水準。
一方、市況に関しては、東京製鐵の値下発表、スクラップ相場の下落、需要減の環境の中であるが、 予想していたほどの下落幅は聞こえてきていない。
今後の需要回復が待たれる状況。

<スクラップ>
道内スクラップ市況は、@25/KG前後。
国内相場はジリ安にて推移。

<異形棒鋼>
異形棒鋼の市況は、@65/KG前後で横ばい状態。
不需要期の為、新規商談がほとんどない状況。
スクラップ価格も下落し続けており、今後の市況動向は要注意。

<H形鋼>
H形鋼の市況は、@85/KG〜@86/KGで弱含み横ばいにて推移。
荷動きは低水準。
メーカーの値下発表後、@83/KG程度の安値も散見され始めており今後の市況動向には要注意。

<一般形鋼>
等辺山形鋼、溝形鋼共に@84/KG〜@86/KG。
荷動きはH形鋼同様に低調。
安値が散見されてはいるものの、下げ幅は小さい。
今後の需要回復に期待。
かい <コラム>
コラムは、素管BCRベースの市況で、@105/KG前後。
昨年末に続き安値は@100/KGを下回っている模様。

<平鋼>
平鋼は、@93/KG〜@95/KG。
荷動きは低調にて推移。
市況は、昨年末に道内在庫が不足したことが影響し、下がることなく横ばいにて推移。

<中板>
中板コイルカット品は、コイルセンター出値で、ムキベース@79/KG〜@83/KG。
SS400は、上記価格+@1.3/KG継続中。
各特約店の再販価格は、@83/KG〜@88/KG。
東京製鉄の値下げの影響は、2月以降に表れるのではとの見方もある。

<厚板>
厚板定尺市況は、@110/KG〜@115/KG。
価格は様子見横ばい状態。
販売価格をもう一段上げたいが、難しい状況。

                            (支店長 中野 彰)